職場でみんなから愛されている女性の先輩(52歳)について

このブログに書く仕事関連の投稿で初めてかもしれません。愚痴じゃない話。

職場にお手本にしたい52歳の女性の先輩がいます。

外見は似ていませんが、年齢が近いのとキャラクターが少し似ているので、井森美幸さんのお名前をお借りしてここでは「井森さん」と呼んで紹介したいと思います。

(井森美幸さんは2019年現在5月現在、50歳らしい。お若い!)

スポンサーリンク


【私の職場の井森さんの基本情報】

・52歳
・バツイチで子供2人を育てるシングルマザー
・子供は大学生の娘さんと、高校生の息子さん
・40代後半の彼氏がいるらしい
・いつも笑顔
・おしゃべりが大好き
・仕事デキるタイプではないけれど、人あたりがよく物腰が柔らかい
・アラサーの私ともドラマや、ファッション、美容の話ができるぐらい見た目もセンスもお若い(でも決して若作りではない)

現在31歳の私は、加齢を一番恐れています。

10代の時から「おばさん」を小ばかにしてきた、嫌な女です。

若い時こそ自信満々で、「おばさん」たちを「年取ってるのにおしゃれするなんて」「年取ったら生きてて何が楽しいんだろう」という目で見ていました。

そういうマインドって、隠してるつもりでも相手には伝わっちゃうんですよね。

お姉さまたちからすると、今思うと本当にクソ生意気な10代・20代の小娘だったと思います、私。

でも自分が31歳になって、今までさんざん小ばかにしてきた「おばさん」に自分がなっちゃったんですよね。

辛いし、みじめになるときがあります。

若い女の子を見て「いいなぁ」と羨ましく思うことが増えました。

それと同時にお姉さまを見て「あんなおばさんにはなりたくない」と思うことも増えました。

井森さんはそんな私が初めて「あんな50代になれるなら、年取るのも悪くないな」と思わせてくれた女性です。

私が井森さんを「お手本にしたい!!」と思った理由について考えてみました。

井森さんについて、①~⑤の目線から勝手に分析してみたいと思います。

①上司のおじさん(50代~60代)目線

②年下の男性社員(30代~40代)目線

③年下の女性社員(30代~40代)目線

④私(31歳女性、井森さんの後輩)目線

⑤プライベート関連

①上司のおじさん(50代~60代)目線

井森さんはおじさんからめちゃめちゃかわいがられています。

20代や30代の女性社員より、井森さんと喋っているときの方がおじさんたちは楽しそう。

おじさん=若い女の子が好き。若ければ若い方が良い。50代女性なんて興味ゼロ

という私の固定観念をぶっ壊した井森さん。

よく笑うし、話の切り替えしがうまいし、声のトーンもちょっと色っぽい井森さん。

井森さんが私がいる事務所に移動してきたとき、他事業所のおじさんファンたちが井森さんにいろいろとお菓子の差し入れを持ってきていました。笑

どんだけ愛されているんだ…

歳を重ねれば重ねるほど、おじさんからも構ってもらえなくなるものだとばかり思っていましたが、井森さんみたいに明るくて楽しい50代なら、おじさんたちにも愛されるんだなぁと。

これは断言できますが、31歳の私より52歳の井森さんの方が、圧倒的におじさん人気が高いです。苦笑

スポンサーリンク


②年下の男性社員(30代~40代)目線

井森さんより年下の男性社員たち。

井森さんは平社員なのですが、30代後半や40代の男性社員たちは主任だったり係長だったり、役職がついています。

井森さんは「私の方が年上なのよ」という面倒なプライドみたいなものを、全くかもしださない人です。

だから年下の男性たちも井森さんに仕事を頼みやすいようです。

以前に私に意地悪をしてくるお局さんについて書いたことがあります。

職場に50代後半のお局さんがいます。 30歳の私にとっては、ほぼお母さんぐらいのご年齢。 お局:50代後半、生え抜き社員...

このお局さんには、30代~40代の男性たちも自分の方が役職が上でも、気をつかって仕事をふれない様子。

プライドだけが高くて、周りから腫れもの扱いされて気をつかわれるようなおばさんにはなりたくないな。

さらに井森さんは、年下男性からも「まぁ井森さんの年齢ならね。笑」「井森さんの世代はそうかもしれませんが。笑」と年齢をイジられるぐらい、イジられても大丈夫なキャラ。

井森美幸さんもデビュー当時の謎のダンスを、若手の男性芸人からよくイジられてますよね。

↓↓ガリットチュウが真似してたのを思い出しました。笑

私の職場の井森さんも、まさにこんな感じでみんなにイジられています。

例えば、

井森さん:腕立て伏せしたら、肩が痛くなって…

39歳男性係長:井森さんの年齢だから、四十肩…いやっ、五十肩でしょ。笑

井森さん:違うよーーーただの筋肉痛だよ!笑

みたいな。

年下男性たちも、井森さんとお喋りするのが楽しいみたいです。

何ならおじさんたちと同じように、31歳の私と話すよりも断然楽しそう。笑

年下男性たちにも愛されている井森さん、あんな50代に私もなりたい。

③年下の女性社員(30代~40代)目線

年下の女性社員も井森さんのことを慕っています。

仕事でトラブルがあった30代の女性社員にも、さらっとお菓子を渡して和ませてくれたり、新しい服を着てきたら「その服可愛いね」と声をかけてくれたり。

一番新入りがやるような、ゴミ出しとか片づけだったり、正直井森さんがやらなくてもいいようなことも気づいたらやってくれています。

↓↓後輩の矢口真里や河北まゆこちゃんとも楽しそうにしている井森美幸さん

②年下男性社員(30代~40代)と同じく、井森さんは年下の女性社員にとっても仕事を頼んだり質問したりしやすい先輩です。

お局さんには聞きづらいことも、井森さんだったら優しく楽しくさらっと教えてくれます。

そりゃ慕われるわ。。。

④私(31歳女性、井森さんの後輩)目線

もう十分伝わっていると思いますが、私は井森さんを尊敬していて大好きです。

「あんな50代女性になりたいな」と思っています。

お局さんに辛くあたられたときも、井森さんは何も言わないですがじっくり観察をしていたようです。

後日井森さんと飲みに行ったときに、「あの時私見てたけど、annieに対してお局さんひどかったよね」と井森さんからその話題を出してくれました。

「誰かがちゃんと見ててくれてる」っと思うだけで、救われることってありますよね。

お局さんの攻撃に対しては、男性陣は一切スルー見て見ぬふりなので、井森さんがたまにしてくれるフォローに救われています。

私みたいな年下の女性社員って、50代ぐらいの女性からしたらかわいくない&面白くない存在だと思うんですよね。

自分より若くてみんなに優しく大事にしてもらってる、自分は失ったものをまだ持ってる…みたいな。

私も20代の後輩にイラッとすることがあります。

そんな自分のことを「子供おばさん」だなと思います。年齢は十分大人なのに、大人気なく嫉妬してみっともないなぁって。

でもそういう女の嫉妬みたいなドロドロしたものを持っていない井森さん。

井森さんこそまさに「大人の女性」だと思います。

スポンサーリンク


⑤プライベート関連

最後は井森さんのプライベート関連。

バツイチの井森さん。

娘さん、息子さんと3人暮らしをしているそうです。

そしてお見合いパーティーで知り合った、年下の彼氏がいるそう。

子供二人ももうずいぶん大きくなっているので、仕事をして、母親の役目も果たしつつ、恋愛も楽しんでいるようです。

ネイルもいつもきれいにしているし、着ている服もおしゃれです。

明るくてお話してて楽しいし、ちょっと色っぽさも持っている人なので、そりゃ彼氏いるだろうなと思います。

残念ながら、前出のお局さんら井森さんより年上の女性陣は、井森さんのことを面白く思っていないようです。

↓↓お局さんの考察

職場に50代後半のお局さんがいます。 30歳の私にとっては、ほぼお母さんぐらいのご年齢。 お局:50代後半、生え抜き社員...

そりゃそうですよね。自分とあまり年齢も変わらないのに、みんなから愛されている人気者の井森さんに嫉妬しているようです。

そもそもお局気質の人って、自分以外がちやほやされることが許せないので、そんな人に嫌われるのは必然というか、そもそも気に入られる必要すら感じないというか。

お局さんみたいなおばさんにはなりたくない!!

男性からも愛されて、女性からも愛されて、若々しくおしゃれで、周囲を明るくしてくれる52歳の井森さん。

あんな「大人の女性」に私もなりたい。

井森さんみたいな女性になれるよう、これから努力して年を重ねようと思います。



参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする