上司に「絹江にパンパン」したくなる衝動にかられる件

初投稿です。

さっそくですが、職場での愚痴です。

サブタイトルにある「OLのデトックスブログ」にふさわしい内容かもしれません。

スポンサードリンク


私は現在28歳で、都内にある小さな会社でOLをしています。

しがない事務員ではありますが、貿易事務や経理も兼ねているので自分では「そこそこちゃんと働いているし会社の役に立っている」と自負しています。

そしてやはり、職場には苦手な上司(おっさん)がいます。

たまーに運悪くつかまってしまうと、苦手なタイプの取引先の方(クソみたいなおっさん)がいる会食に付き合わされることもあります。

世のOLが避けて通れない道…

「男尊女卑の考え方がこびりついている化石みたいなおっさん」

「事務の女性を、ニコニコして愛嬌があればokとしか考えていないふざけたおっさん」

正論で論破してやりたくなる衝動をおさえ、自分よりだいぶ年上のおっさん相手に「ここは私が大人にならなきゃ…」とこらえるストレス。

そんなこっちの気も知らず、にこやかに受け流すとさらに調子に乗るおっさん。

スポンサードリンク


職場や取引先との会食の席で苦手なタイプのおっさんと会話をしていてイライラした時、私はお笑い芸人のZAZY(ざずぃー)のネタを思い出します。

1

絹江にパンパン♪絹江にパンパンパン♪

という、フリップの歌ネタです。


【引用:youtube 吉本興業チャンネルより】

しゃあしゃあと「昔の社員旅行は温泉宿に行ってストリップを見ていた」などと、謎の武勇伝?セクハラ発言?をしてくるおっさんにの口に、パンをつっこんでやりたくなるんです。笑

やわらかいコッペパンではなく、かっちかちバリカタのフランスパンを喉の奥までつっこんでやりたくなる。

そしてZAZYの紙芝居に出てくる男性のように、そっとパンを差し出すかたちでつっこむのではなく、上から大きく振りかぶって力いっぱいおっさんの口にパンをつっこんでやりたい。

「あー、わたしこの人の考え方嫌い」

「あー、言い返したいけど職場だし我慢しなきゃ」

と思った時は、みなさんもその上司にかっちかちのフランスパンをつっこむ妄想をしてやり過ごしてください。

自分がパンを相手のおっさんの喉につっこんでる絵を想像すると、シュールすぎて思わず「クスっ」と笑ってしまいます。

そしてくだらない妄想をしていることが楽しくなり、意外とスッキリします。

こうやって私は我慢をながら、お給料をもらうため日々やり過ごしています。

私たち事務職OLが営業マンに歯向かったり、頭の固い上司に正論を言って反乱を起こしたら、日本の会社はみんなめちゃくちゃになってしまうでしょう。

私たちが日本の経済を支えているのです。

スポンサードリンク


参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする