「100日後に死ぬワニ」を読むと日常のありがたみを感じる

巷で話題の4コマ漫画、「100日後に死ぬワニ」。

私が紹介するまでもなくバズってますよね。

クリエイターきくちゆうきさんのアカウント⇒こちら

ワニくんの平凡な日常。

ただの4コマ漫画ですが、「100日後に死ぬ」と知ったうえで読むと、なんとも切ない。

ほのぼのとした日常を描いた漫画の最後に出てくる、「死まであと〇〇日」のテロップが悲しい。

明日があるって、当たり前の事じゃないんだな。と、当たり前のことを再認識します。

「いつか」「今度」は、来ないかもしれない。

このブログを書いている3月15日時点で、ワニくんは「死まであと5日」です。

うーん、あと5日。

いろいろと考えさせられるコンテンツです。おすすめ☆

スポンサーリンク


参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする