2019年夏の思い出プレイバック☆

もう9月も終わるけど、2019年の夏を振り返ってみることにしました。(withスマホの写真データ)

大人になると夏休みがないので、「夏が始まった」「夏が終わる」って感覚がなくなりますよね。

私の職場は事務所自体では決まった夏休みがなく、7月から9月の間に、個人が5日ずつ休みを取るスタイル。

まとめて取得して旅行に行くこともできますが、今年は旅行に行く予定がなく、バラバラと休みたい日に夏休みを取得しました。

海外旅行にでも行っていれば「夏休みだ!!!!」って感じるかもしれないけど、それがないので余計に今年は「夏休み!!」って感じがなかった。

スポンサーリンク


気付いたらもう秋…

夏休みをちゃんとエンジョイすればよかった。

メリハリは大切ですね。

スマホのアルバムに保存している写真を見返しながら、今年の夏の思い出を振り返ってみました。

一番夏らしい思い出は…

花火大会!!!

知り合いが有料席のチケットが余っているということで、急きょ彼氏と行ってきました。

高校生の時以来かな?ゆかたを着ました。

母は仕事で家にいない日だったので、自分で着る自信がなく、ちゃんとお店で着付けしてもらってから行きました。

有料席はパイプ椅子も並べてあって、花火がとてもきれいに見えました。

去年は同じ花火大会の無料席でがんばって場所取りをして見たのですが、これからはもう有料じゃないと行きたくないって思った。笑

迫力がすごかった。

彼氏とお互い「今までの人生で一番の花火大会だった」と感想を言いあいました。

花火は好きだけど、行き帰りの人混みが苦手なんですよね。

有料だと激込みしないし、動線もスムーズです。

開始ギリギリに行っても席があるってとこもいいですね。

何時間も前に行って場所取りして…ってのをやらなくていい。

しかも開始ギリギリだと、電車や会場までの道のりも割とすいてる。

格差社会がここまで来たのか…って感じ。

スポンサーリンク


追加で…夏っぽくないけど、一応思い出。

タピオカ流行ってるよね

たくさん飲んだ。タピオカミルクティー。

高校や大学生の頃は、毎年「夏」って特別でした。

夏には新しい人たちに出会ったり、新しい場所に行ったり…

人生の大きなターニングポイントになるような出来事がありました。

社会に出て大人になると、なーんの特別感もない。苦笑

ただ働いて、休みを取っては引きこもって…を繰り返しているだけです。悲しい。

2019年の夏は例年に増して不完全燃焼だったけど、浴衣着て花火大会行っただけよしとしよう。

スポンサーリンク


参加中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする